【答えはあるのか!?】 アートの本質

guernica.jpg

皆さんは 【アート】 といえば、どのようなイメージを思い浮かべるだろうか。
何だかよく分からないもの。評価が難しいもの。何となく崇高な何か。
人によって様々な捉え方があることだろう。
しかしおそらく多くの人にとって、【アート】 とは小難しい、取っつきにくいイメージがあるのではと思う。
だからこそ、意識高いサブカル気質な人々から 「それはアートとは呼ばないなぁ」 といった “答えのないうんちく語り” に始まる間違った愛され方をされてしまうのも頷けてしまう。
では 【アート】 の本質とはいったい何なのか?
それが本日のテーマだ。


■アートとは??
本来、アートというものは芸術表現において出た答えを差している。
それが絵画だろうが、彫刻だろうが、ダンスであろうと、何でも良いのだ。
とにかくそれらの技法を使って何を表現したのか。その答えをアートと呼ぶのだ。
何も崇高でなければいけない理由なんて、どこにもない。
難しくある必要もない。特別な知識も必要ない。
大事なのは、それを見て心を突き動かされたかどうか、だ。

■これもアート??
過去によくインターネット上を賑わせていた代表格、“歌ってみた” の人たちを例に出そう。
彼らが発信している歌なんかは、ことある毎にインターネット上で “インターネットカラオケマン” と言われて、多くの人たちから蔑まれてきた。
とにかく悪意を持ってその道のプロと比較されることが多かった。
しかし同時に多くの限定的な人々から賞賛されてもいた。
中には彼らの歌を聴いて元気をもらう人もいただろう。
中には彼らの歌を聴いて 「自分もこんなふうに歌えたらいいな」 と思った人もいただろう。
彼らは間違いなく、多くの人の心を突き動かしていたのである。

決して崇高なわけでもなければ、小難しいわけでもない。
しかし確かにそこには “人々の心を突き動かした” という事実が存在していた。
彼らの歌はその心を突き動かされた人々にとって、間違い無く 【アート】 と呼べるのではないかと思う。
つまり、【アート】 の本質は個人による主観に過ぎないものなのだ。

だから否定するのもおかしいし、こんなのはアートじゃないと断じるのもおかしい。
でなければ前衛芸術は全て否定されなければならない。
そうならないのは、アート活動が本来自由なものであるからだ。
そこには崇高でなければいけない理由なんて、どこにもない。
難しくある必要もない。特別な知識も必要ない。
大事なのは、それを見て心を突き動かされたかどうか、だ。
それこそが 【アート】 の正しい答えではないだろうか。

すべての本質は、いつでも紙一重でできている。

この記事へのコメント

bn01.jpg