【避難した先は…】 この素晴らしき世界

mask.jpg

何かすごいニュースを見た。
まずはこちらの記事を読んでみて頂きたい。

原発避難いじめ 学校は「率先して金渡した」と判断 (NHKニュース)



抜粋すると以下の通り。

東京電力福島第一原子力発電所の事故で、横浜市に自主避難してきた生徒がいじめを受けていた問題で、両親が学校に「子どもが同級生に150万円ほど払わされた」と訴えたのに、学校の調査では8万円分しか確認できず、生徒が率先して渡していたとして、いじめにはあたらないと判断されていたことがわかりました。


だそうだ。
問題の本質は金額ではない。
そこでいったい何が起きていたのか、ではないのか。
そもそも未成年が自発的にお金をバラ巻くという行為そのものがまず、不自然ではないか。
それに学校の調査なんて、学校側の主観も入るだろうし大人の都合もあるだろう。
そんな一方的な調査が信頼に値するとは考え難いように思うのは、私だけか。

被害者の彼は当時、同級生たちから 「ばい菌扱い」 されていたらしい。
おそらく 「放射性物質が付くからあっちへ行け」 というようなことを言われていたのだろう。
いじめは必ずエスカレートする。何せ遊び感覚で最初は起きるものだから。
ここに学校教育で教わる “協調性” が付加されると、集団心理へと変貌を遂げる。
いわゆる魔女狩りのようなことが現代でも起こり得るのだ。
ここへ至るまでの時間はとてつもなく早い。何せSNSが普及された時代だ。
あっという間だろう。

さて、個人的な見解を述べてみよう。
150万という金額はやや大げさのようにも思うのだが、実際どうなんだろう。
その金額へ至るまでに、親が気付くような気もするのだが。
いまいち釈然としない部分はあるものの、いじめはあったと考える。
火のないところに煙は立たない。
あと、学校側の報告結果も何だかぶっきらぼうな感じでよろしくない。
隠蔽したい感が漂いすぎていて、後に騒ぎになった時に世論が敵に回ることを想像しなかったのか。
ニュースにまでなるとは思ってもいなかった感じだろうか。
この何でもかんでも拡散されてしまう時代に。バカとしか言いようがない。
そんなバカ教員たちが教える学校に、義務教育だからという理由だけで通わされている子供達に同情する。
おそらく彼らもまた、立派な放射性バカになり果てていることだろう。
だからいじめも起きてしまうのだろう。
それを隠蔽しようとする辺り、先の東電が取った行動とそっくりだ。
みな既にバカを通り越してメルトダウンしている。

すべての本質は、いつでも紙一重でできている。

この記事へのコメント

bn01.jpg